アキヤラボとは

地域セクターが空き家の課題をアイディアで解決し
みんなが安心して楽しく暮らせる街へ。

空き家が問題なのではなく、放置されず管理、活用される事が必要です。

  • アキヤラボの命題
  • 「ウエスト東京空き家ラボ」について
  • 地域セクター (メンバー) 紹介

Our Proposition

〜アキヤラボの命題〜

空き家を貸す人・借りる人の出逢いと課題を解決し、
楽しい街づくりを応援します。

身近な地域の問題になりつつある「空き家問題」。
2040年には日本の住宅の3件に1件は空き家になると言われています。(総務省平成25年住宅・土地統計調査(速報集計)より)
西東京市も2018年3月時点で669戸もの空き家があると報告されています。
もしもあなたが、ある日突然空き家を所有することになってしまったら…。一体どうしたらよいのでしょう?

空き家を放置できない時代の風潮に急かされて、何の知識や情報もないままに、ただ築年数やら、広さやらで事務的にやり取りされ、たくさんの想い出が詰まったお家が、見ず知らずの人の手に渡ってしまったり、取り壊されてしまう現象が起こってしまうのは、何とも悲しいことです。

そんな時、慣れ親しんだ場所や建物を大切に使って欲しいオーナーと、空き家等を活用したいユーザーが出会えたなら…。私たちの住む街に、新しい風が吹くかもしれません。

閉じてしまったお店を、人々が集うBarや、子供たちの集まる駄菓子屋さんにしてみたり、空いているお部屋をシェアオフィスにしてみたり…。空き家は、新しいヒトやコトが生まれるチャンスの芽とも言えませんか?

私たちは、たくさんのアイデアや事例を紹介することで、楽しい街づくりを応援したい。そんな想いでこの「アキラボ」を立ち上げました。
そして、貸す人と借りる人が地域で出逢い、顔の見える距離関係で空き家問題を解決できたのなら、本当にみんなが安心して暮らせる街が生まれるのでしょうね。

ココロとココロがつながるマッチング。そんなすてきな出逢いがたくさん生まれることを願って。

Founders

〜「ウエスト東京空き家ラボ」について〜

西東京で暮らす住民と専門家が
手を取り合って課題にチャレンジ!

西東京をもっと楽しく、ハッピーな街にするために、地域の宅建業者や建設業者等の専門家、そして地元の市民団体が立ち上がり、結成された「ウエスト東京空き家ラボ」。
平成30年度 国土交通省「地域の空き家・空き地等の利活用等に関するモデル事業」採択事業者として選出され、今後の活動が期待されています。

空き家が問題とされる隠れた理由に、機会損失があります。
まだまだ使える空き家や土地が有効活用されないことで、まちを代表するようなコンテンツに生まれ変わったりするチャンスの芽を潰してしまっているのなら…。
それは西東京市にお住いの全てのみなさんとって、本当に残念なことではありませんか?
(本来活用されていれば新しい住民が引っ越してきたり、新しいお店が出来て賑わったり。そんなワクワクが生まれていたかもしれません。)

だから、空き家の問題は、もはや街全体の問題。
行政だけに任せるのではなく、自分たちの暮らす街の問題は、自分たちもいっしょに解決していこう!と有志の市民や事業者が手を取り合って生まれたのが「ウエスト東京空き家ラボ」です。

民間だからこそ、地域に必要とされるアイデアや、工務店が手がけた施工例、宅建業者が実際に携わった事例など、空き家の利活用に役立つたくさんの実例からみんなの知りたいQ&Aまで、生きた情報が発信できるのです。

大切なのは、すでに空き家を所有している方だけでなく、近い将来、親の家を受け継ぐ予定のある方、またこれからお店を開きたい方など、「空き家予備軍」と「創業予備軍」の両方の立場の方がコミュニケーションをとること。
その出逢いが、空き家空き地をこれ以上増やさない、ひいては街を楽しく、魅力的にしていく行動の一助になると私たちは考えています。

このホームページが、全ての空き家空き地を利活用したい地域の方達に、少しでもお役立ていただければ幸いです。

Members

〜地域セクター (メンバー) 紹介〜

様々な分野で活躍するメンバーが
みなさんと同じ目線で知恵を絞ります

民間だからこそできる、本当に地域に必要とされる情報やアイデア、これまでの経験を持ち寄り、顔の見える距離感で空き家について考えていきます。

  • ノウマチ/事務局長
    若尾 健太郎
    (わかお けんたろう)

    子ども、障害者・高齢者、だれもが居場所となって活躍できるコミュニティファーム「みんなの畑」を運営。地元西東京市を元気にしたいという思いのもと、空き家活用プロジェクト「西東京空き家会議」、小規模公園を活用したまちづくりチーム「ひばり日和。」なども主催。 本業は、株式会社ユニココ 代表取締役。全国でNPOや行政の地域おこし支援を行う。

  • ヤギサワベース/代表
    中村 晋也
    (なかむら しんや)

    子どもの居場所である「駄菓子屋」を継続的に運営できる仕組みを模索し、デザイン事務所併設型駄菓子屋「ヤギサワベース」を設立。西武柳沢駅を中心としたまち作りに地元商店街の一員として参加。西東京市の行った、柳沢便利度向上調査から生まれた「やぎさわマーケット実行委員会」副代表。本業はグラフィックデザイナー。西東京市内で開催されるイベントの企画・デザイン等にも多く関わっている。

  • ヤギサワバル/オーナー
    大谷 剛志
    (おおたに ごうし)

    1981年1月22日東京生まれ。 早稲田大学第一文学部卒業後、スポーツに関わるNPOでの勤務をしている中で農業にも関わりを持つようになる。大学卒業以来、仕事を2つ3つ掛け持ちをする働き方を継続してきた。2016年12月に農家見習いをしながら、クラフトビール居酒屋、ヤギサワバルを開店する。特技は早起き。趣味は昼寝

  • 岡庭建設株式会社/専務取締役
    池田 浩和
    (いけだ ひろかず)

    一級建築士。住みよい家、暮らしには学びからのポリシーで家づくり学校を10年以上継続中。太陽熱、長寿命、木を活かしたエコ住宅を 手掛けている。 2010年にはグッドデザイン賞、2015年キッズデザイン賞、2016年ウッドデザイン賞、2016年東京都多摩産コンクール優秀賞他受賞。(社)JBN・全国工務店協会、( 社)東京家づくり工務店の会、(社)全木協東京都協会 、(協)もくようれん他、工務店団体等の役を務める。

  • 岡庭不動産株式会社/課長
    澤幡 英城
    (さわはた ひでき)

    大手物流会社での管理職、事故対 応専任担当等を経て、15年前マイ ホーム購入をきっかけに、不動産業界に。「苦難・苦境から逃げない気持ち」をモットーに、お客様の夢の実現・悩みの解消に情熱を注ぐ。空き家相談士、一級建物アドバイザー、宅地建物取引士。(一社)ウェスト東京不動産流通ネットワーク事務局も兼務。

  • 株式会社エフエム西東京/制作室 制作・企画担当
    飯島 千ひろ
    (いいじま ちひろ)

    エフエム西東京で医者が語る医者要らずになる健康番組を担当。番組を元にした本の出版、講演会、セミナー、異業種とのコラボなど、番組づくりだけに留まらない新しい試みを目指す。局や番組に関わる方々が集う地域交流会「ロコらぼ」(ローカルコラボレーション)を立ち上げ、企画から運営までを担当。月に一度の「大人の飲み会」の世話役もし、地域の人と人をつなぐきっかけ役としても日々動いている。

  • 三幸自動車株式会社/代表取締役
    町田 栄一郎
    (まちだ えいいちろう)

    銀行員11年経験後、家業のタクシー会社へ入る。タクシー業務で培ったノウハウを生かした高齢者や障がい者等の移動困難社に対する移動支援について詳しく、多摩大学、武蔵野大学にて1コマ授業を12回実施している。隔月に東伏見仙人の家にて「ゆるやかな瓦版」の会に所属し情報交換もしている。 本業は、三幸自動車株式会社 代表取締役。公認会計士、宅地建物取引士の資格保有者でもある。

サポート情報

空き家について考える際に、次のようなサポートが活用できます。

  • 管理について
  • 費用について
  • 運用について

空き家所有者・予備軍の方

〜管理について〜

台風、火事、地震、犯罪などが心配

空き家であっても住宅総合保険に加入していないと有事の際に多額の出費を被ることになります。この機会に、加入をご検討ください。

周りに迷惑を掛けていないか心配

時間的・距離的な都合により、所有する空き家の状態を定期的に確認することが出来ない状態が続くと近隣トラブルに発展することがあります。

空き家の庭木を伐採したい

庭木などは季節によって落ち葉が発生したり、枝が伸びて、近隣に迷惑を及ぼすことがあります。また、大きな樹木になりますと除却が必要な場合もあります。

空き家所有者・予備軍の方

〜費用について〜

費用を掛けずに空き家の維持と管理をしたい

空き家の維持・管理には時間と労力が必要です。ご自身で全てをカバーするのは大変です。
敷地の一部を利用して収益を上げましょう。

空き家を壊す資金がない

空き家の解体には多額の費用が掛かります。とはいえ、土地と建物全てを売却するほどでもないこともあります。

空き家所有者・予備軍の方

〜運用について〜

売ってしまうのはもったいない

家族や友人、仕事仲間とお店や教室を開きたい。また、色々なアイディアを持った人に使ってもらいたい

空き家をどうしたら良いのか分からない

ひとくちに空き家と言っても同じものはありません。それは空き家所有者の皆さんも同じですよね。
アキヤラボを活用して一緒に考えていきましょう!

  • 空き家について
  • 契約について

空き家を探している人

〜空き家について〜

やりたいこと、目的を持って探している

大歓迎です!まさにアキヤラボの真骨頂です。首尾よくお目当てのアキヤと出会えますように。その際には、「空き家の使用方法」つまり「用途」の確認をさせて頂きます。

気になる空き家があるが、古くて心配

確かにそうですね。せっかく気に入っても、あまりにも地震や災害に弱い建物では意味がありません。きちんと点検して、不安や心配を取り払いましょう!

空き家を探している人

〜契約について〜

買ったり、借りたりしないとダメなんでしょうか?

いわゆる「売買」や「賃貸」に限ってはいません。時間貸し・面貸し・部分貸し (シェア?)などの希望もドシドシお寄せください!例えば、美容師さん、ジムトレーナー、英会話講師など。

書庫としてアパートの一室を借りたいのだが?

大切な書籍の保管場所としてマンションの一室を利用したいという方はいらっしゃいます。マンションの場合でも、「倉庫」として使用する場合、管理規約やオーナーの判断によります。アパートですと、重さに耐えられない可能性があります。

活用事例

西東京市内では、空き家の利活用による面白い取り組みが行われています。

トピックス

"空き家"に関する話題や、
「アキヤラボ」に関する情報をお届けします。

トピックスをもっと見る

Q&A

"空き家"の管理や利活用について、
よくある疑問・ご質問についてお答えします。

よくある質問

「空き家」と「特定空き家」の違いは

特定空き家とは、「空家等対策特別措置法」により以下のような空き家と判断された場合に認定されます。
(1) 建築物が倒壊等するおそれがある。
(2) 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
(3) 適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態
(4) その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態
空き家状態を続けていることのデメリットとは

居住者のいない空き家は、一定期間利用していない給排水管設備等が痛み適度な換気等を行わないことにより、結露や湿気が発生し木部の腐食や虫食いの原因になると言われています。
他も沢山のデメリットが考えられますがまずは地域の相談窓口アキヤラボまでご相談ください。
空き家は誰が管理しているのですか

一般的には所有者が管理を行いますが、「アキヤラボ」協力業者が受け皿となり管理運営のお手伝いをすることができます。
空き家Q&Aをもっと見る

ウエスト東京空き家ラボ メンバー

お問い合わせはこちらのフォームから。
空き家情報や空き家利用・マッチングを希望される方のご連絡もお待ちしております。

お問い合わせフォーム
TOP
お問い合わせ